出雲大神宮の真名井の水(まないのみず)

出雲大神宮の真名井の水は美味しい水!

真名井の水は、出雲大神宮の本殿背後にある※御影山(みかげやま)から湧き出している名水です。境内南の鳥居の右手に位置します。※御陰山、千年山とも


日本水質保健研究所が出した調査結果によれば、古生代の石灰岩層をつたって火山噴火でできたマグマの接触変成岩層から湧き出ているそうです。


アルカリやカルシウム等のミネラルバランスも良く、美味しい水として知られています。また、あらゆる病気に効くとされ、痛み止めの効験や延命長寿にご利益のあるといわれています。


歴史

古くから絶えず流れ続け、地域の田畑を潤して実りをもたらしてきた事から御神水と呼ばれてきました。


ご注意

1度に10リットル以上汲まないで下さい、また、地下数メートル下からパイプを通して雑菌の少ない水を汲み上げていますが、飲む際は必ず煮沸してからにして下さい、との事です。


出雲大神宮への行き方

所在地:〒621-0002京都府亀岡市千歳町出雲無番地

電話:0771-24-7799