晴明神社の晴明井

晴明神社の名水・晴明井は安倍晴明の念持力で湧き出した湧水

晴明井は、晴明神社の本殿北側に位置する場所に湧き出ている名水です。安倍晴明(あべのせいめい)の念持力で湧き出した湧水といわれています。

飲めば悪病、難病が平癒するといわれています。山城名泉の1つ。晴明紋ともいわれる五芒星(ごぼうせい)を象った形をしています。


毎年立春の日になると井戸上部を動かし、取水口をその年の恵方の方角に向け、吉祥の水が得られるようにしています。


歴史

安土桃山時代に千利休(せんのりきゅう)が茶の湯に使ったといわれているほか、豊臣秀吉に振る舞ったともいわれています。また、利休が切腹する際、最後に飲んだ茶も晴明井の水を使ったものといわれています。


一時期枯れていたそうですが、近年復活しました。


晴明神社の行き方

所在地:〒602-8222京都府京都市上京区堀川通一条上ル晴明町806

電話:075-441-6460


電車

京都市営地下鉄烏丸線 今出川駅 徒歩12分