みなとや幽霊子育飴本舗の幽霊子育飴

幽霊子育飴は、およそ500年前から商いをされている日本最古の飴屋「みなとや幽霊子育飴本舗」の飴です。幽霊が子供食べさせたと伝わる飴。原材料は麦芽糖とザラメ糖。


伝承

1599年(慶長四年)、夜な夜な1文分の飴を買いにくる女がいたそうです。


ある時、店主が売上金を数えていると、金を入れていた箱の中に樒(しきみ)の葉が入っていました。これを店主は、毎夜来る女が怪しいと思い、女が飴を買いにきた後をつけることにしました。後をつけると、女が寺の墓前あたりにきた所で突然消えてしまいます。


店主が不思議に思って墓前に行くと、墓の中から赤ん坊の泣き声が聞こえます。店主は寺の住職に話をして墓を調べてみると、中から毎夜飴を買い求めてきた女の遺体と赤ん坊が出てきました。



女は子供のために幽霊となって飴を買いに来ていたというわけです。その後、子供は8歳の時に僧となって、後に高名な僧になったと伝わっています。


包装紙


みなとや幽霊子育飴本舗

所在地:〒605-0813京都府京都市東山区松原通大和大路東入二丁目轆轤町80−1

電話:075-561-0321