出町ふたばの名代豆餅

名代豆餅は、出町ふたばの代表銘菓です。北海道十勝産小豆で作ったこし餡を北海道富良野産赤えんどう豆を混ぜ合わせた餅で包んだ豆大福。1日に2,000~3,000個作られています。


餡の入っていない豆餅があり、こちらは店頭で注文してから作られるそうです。


連日行列が出来る程の人気ですが、名代豆餅の取扱があるJR京都伊勢丹や京都高島屋では、比較的並ばずに買えるともいわれています。


歴史

出町ふたば初代当主・黒本三次郎が故郷の石川県小松市に伝わる神饌(しんせん)の豆餅に餡を入れたのが始まりです。神饌とは神様へのお供え物の事です。


包装紙


出町ふたば

創業:1899年(明治32年)

所在地:〒602-0822京都府京都市上京区出町通今出川上ル青龍町236

電話:075-231-1658

出町ふたばの取扱店舗一覧

JR京都伊勢丹

京都高島屋