美御前社(うつくしごぜんしゃ)

美の神様の御神徳で美しく?美容水が湧く八坂神社の美御前社

美御前社は、八坂神社の境内末社で八坂神社本殿の東側に位置します。


美にご利益があるといわれていることから芸子や舞妓、美に携わる美容理容、化粧品業者、また美しくなりたい願望の女性からの信仰が篤いです。


ご祭神

※宗像三女神(むなかたさんじょじん) ※市杵島比売命(いちきしまひめのみこと)、多岐理比売命(たぎりひめのみこと)、多岐津比売命(たぎつひめのみこと)


古事記によれば、素戔嗚尊(すさのをのみこと)が姉の天照大神(あまてらすおおみかみ)を訪ねた際、天照大神は弟の素戔嗚尊が攻めてきたと勘違いしました。


素戔嗚尊は、身の潔白を証明する為、天照大神と誓約(うけい)を行います。天照大神は素戔嗚尊の十拳剣(とつかのつるぎ)を譲り受け、その時に剣から宗像三女神が生まれました。


この事から宗像三女神は清浄や潔白の象徴となり、やがて美の象徴にもなっていったと考えられています。


絵馬

ご利益

「美徳成就」にご利益があるといわれています。


美容水

八坂神社本殿の地下から湧き出る「祇園の御神水」。御神水を2、3滴を顔に付けると美人になれるとご利益があるそうです。


祭典

11月第三月曜日午前10時 理容美容感謝祭

11月15日午前9時 美御前社祭


美御前社への行き方

所在地:〒605-0073京都府京都市東山区祇園町北側625 八坂神社境内本殿東側

電話:075-561-6155


電車

京都市営地下鉄 東西線 東山駅 徒歩12分

阪急京都線 河原町駅 徒歩13分