やすらい祭って何?

やすらい祭(やすらい花)は、鎮花祭(はなしずめのまつり)を起源とする祭で、平安時代に始まったといわれています。現在、京都の洛北(京都市北部)4ヶ所に伝承され、国の重要無形民俗文化財に指定されています。(4ヶ所については後述)京都3大奇祭の1つ。


直径2メートル程の風流傘(花傘)を押し立てて、赤熊(しゃぐま)や黒熊(こぐま)の鬼等が太鼓や笛、鉦(かね)を鳴らして町を練り歩きます。


家々の前に来ると、お囃子と共に髪を振って踊り、疫病を追い立てて、風流傘の中に集め、疫社(えやみしゃ・現在は今宮神社の摂社)へ送り込んで疫病を鎮めます。


風流傘の下に入ると、一年間無病息災でいられるといわれています。4月第2日曜日に行われる今宮神社のやすらい祭の日が晴れなら、京都の祭は全て晴れといわれています。

やすらい花が行われる4ヶ所

今宮やすらい花

日時:4月第2日曜日 12:00
場所:今宮神社→光念寺(こうねんじ)→大徳寺→今宮神社


上賀茂やすらい花

日時:5月15日 10:30
場所:岡本やすらい堂→梅ヶ辻やすらい堂→大田神社→上賀茂神社→岡本やすらい堂


川上やすらい花

日時:4月第2日曜日 12:00
場所:川上大神宮→川上大神宮→総神社(そうじんじゃ)→今宮神社→川上大神宮


玄武やすらい花

日時:4月第2日曜日 08:30
場所:玄武神社→氏子地域→玄武神社