宝積寺の鬼くすべ

鬼くすべ(鬼燻)は724年(神亀元年)から続いている毎年4月18日に行われる宝積寺の春の大祭です。密閉した本堂内で檜葉(ひば)を燃やして加持祈祷をし、充満した煙で3匹の鬼をいぶして、最後は弓矢で追い払います。


厄を鬼に見立てて追い払う事で厄除け、厄払いをする大厄除追儺式。


歴史

宮中で行われていた追儺式にならったとも宝積寺を建立した行基が悪霊退散を祈って始めたともいわれています。


鬼くすべの見所!

仁王門前で般若心経

14時、仁王門前で山伏が法螺貝を鳴らして、僧が般若心経を唱えます。


行列

仁王門の扉を開けて行列は本堂の中に入っていきます。僧を先頭に山伏、赤・緑・黄色の3匹の鬼、稚児、裃姿の関係者、七福神で構成されています。


本堂内で加持祈祷

密閉された堂内で護摩壇に火がくべられ、加持祈祷が始められます。鬼達は追い立てられます。


75個の鏡餅

本堂の鴨居には、75個の3尺の鏡餅が掛けられています。追い立てられた鬼達が鏡餅に写った形相や内面に巣食った邪気に恐れをなして退散します。


本堂前で餅投げ

鬼を退治した後、本堂前で餅投げが行われます。


宝積寺への行き方

所在地:〒618-0071京都府乙訓郡大山崎町字大山崎小字銭原1

電話:075-956-0047


電車

JR西日本 東海道本線 山崎駅 徒歩10分

阪急 京都本線 大山崎駅 徒歩10分